債務整理にならないような借金を心がける

借金は債務の一つであるとの認識はしっかりと持つ

MENU

借金が払えない場合の正しい手続きの仕方

債務整理とは、借金の額を減らし月々の重い返済から解放される手続きのことをいいます。

 

債務整理には3つの方法があり、それぞれ任意整理と民事再生、自己破産に分かれます。

 

任意整理とは裁判所等の公的機関を介さずに話し合いによって返済額を減額する方法のことをいいます。任意整理を利用できる人は、減額後の借入額を3年程度で返済できて継続して収入を得る見込みがある人に限られます。任意整理のメリットとしては、原則としてこれまでの未払いの金利や将来の金利を全額カットすることができるところです。

 

任意整理のデメリットとしては、5年程度は新たに借金することやクレジットカードを利用することが制限されます。

 

民事再生とは、住宅等の財産を維持したまま借金を大幅に減らすことができる手続きのことをいいます。民事再生を利用できる人は、住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以内で返済不能になるおそれがあるが継続して収入を得る見込みのある方に限られます。

 

自己破産とは、原則としてすべての借入金を支払う義務がなくなる手続きのことをいいます。自己破産をできる人は、支払い不能であると認められた方で過去7年以内に免責を受けたことがない方に限られます。